法蓮和尚

600年代後半から700年代前半にかけて仏道修行をし、神道をおさめ、医術にも優れていたお坊さんです。白鳳奈良時代に活躍し、宇佐八幡宮設立に深く関わり、東大寺の大仏建立にも関与していました。法蓮は日、水、火を重んじ、法蓮の足跡には日と龍と鷹の地名が残されています。法蓮にとって、高並は日をまつるところでした。 

 

 

法蓮マップ

高並地区には、法蓮和尚にまつわる言い伝え、跡が数多く残されています。以下「平成版髙並法蓮マップ」は高並地区女性スクールが地元で修行をした法蓮について勉強会を重ね、ゆかりの地を歩いてまわり平成9年に完成させたマップです。

※地図をクリックすると拡大します
※地図をクリックすると拡大します

法蓮まつり

高並地区には法蓮和尚にちなんだ夏祭り、法蓮供養盆踊りが毎年8月下旬に公民館周辺エリアにて行われます。

高並谷のTwitter

協議会の活動の様子、高並谷の生活、周辺地域の情報をリアルタイムで発信!(事務局より)

 

 

 

             上のQRコードを、お使いのスマートフォン等のバーコード読み取り機能で読み込ませてもこのページをご覧になれます。

高並谷

まちづくり協議会

(事務局)

〒872-0325

宇佐市院内町小稲

22-1

(高並谷多目的施設)

✉:

takanamidani@gmail.com